ドラッグ中野は熊本市北区にある伝統漢方を扱う薬屋さんです。お客様の症状にあった漢方、お薬をオススメ致します。気になる症状がございましたらお気軽にご相談下さい。
IMAGE

高齢化社会を迎え、白内障の増加や、若者の間でもコンピユーター等のOA機器の普及によって眼を酷使し、ドライアイや眼精疲労を訴える人も増えているようです。
そして、受験やテレビゲーム等による夜ふかしで生活習慣を乱し、その上不規則な食生活によって胃腸に負担をかけて、仮性近視を引き起こすことにもなっています。





これらのことを考えますと、眼の病気は、これから益々増加していくものと考えて良いようです。 現代人は眼を酷使させることが多くなり、その上不規則な生活や片寄った食事などで内蔵に負担をかけ身体を疲れさせて、一層眼に悪影響を与えています。
そして、眼は「五臓六肺の精気の集る所」と漢方で言われるように、内臓の影響を受けています。 眼のトラブルを改善するには内臓、特に胃腸の働きを良くすることが必要です。


主な目の症状

疲れ目、かすみ目、視力低下、目の痛み、ドライアイ、めまい、目の充血、耳鳴り、白内障、緑内障、飛蚊症、のぼせ、めまい、麦粒腫、、近視、結膜炎、糖尿病性網膜症、角膜ヘルペス、ぶどう膜炎、黄斑変性症など



目の症状の他にも

頭重、耳鳴り、難聴、咽の渇き、骨粗しょう症、疲れやすい、腰痛、足腰のだるさ、手足のほてり、頻尿、残尿感、排尿困難、尿量減少、前立腺肥大、むくみなど



上記の症状は内臓等が弱るとみられる症状です。
当店では、ひとりひとりの体質や症状をお聞きしながら、どこの経絡が弱っているのかを見極め、目と内臓の体質改善をご提案しております。



飛蚊症

すでに右目は視力を失っており、左目も黒い虫のような物が出現してきましたが、服用三ヶ月後、黒い虫のような物が少なくなって来ました。
(58歳 女性)

白内障

白内障の手術を受けたので飲み始めました。術後の回復がとても順調で、眼科の先生もとても驚いています。
(60歳 女性)

白内障

手術を待機しているときに飲み始めました。服用後三ヶ月くらいで白内障が進行していない事がわかりました。まだ目先がかすんだりする事がありますが、目の疲れは感じなくなった。
(50歳 女性)

仮性近視

受験勉強とパソコンで目を酷使しているうちに、活字や物が見えにくくなりました。(視力2.0→0.7)四ヶ月飲んで、かなり良くなった感じがあり、視力も1.2まで回復しました。
(14歳 男性)

緑内障

手術の待機中に一ヶ月飲んで眼圧が下がり始め、手術の必要がなくなりました。(眼圧30→17→13)目もきれいに澄んできました。
(30歳 女性)

なみだ目

常に涙があふれているため、しょっちゅう涙を拭いていなければならない状態でしたが、服用して一ヶ月後には改善した。
(60歳 女性)

かすみ目

老眼に近く、かすみ目状態でした。同年代に比べメガネの使用頻度も少なく、かすみ目も改善しました。
(50歳 女性)

翼状片

症状が出始めて2週間後に飲み始めました。飲み始めて1週間後で充血が治り翼状片は1ヶ月でなくなりました。
(30歳 女性)

疲れ目

パソコンで目がチカチカし、痛みもあったのが解消され目も疲れにくくなりました。
(40歳 男性)


※症状には個人差があります。

PAGE TOP