ドラッグ中野は熊本市北区にある伝統漢方を扱う薬屋さんです。お客様の症状にあった漢方、お薬をオススメ致します。気になる症状がございましたらお気軽にご相談下さい。
IMAGE

関節リウマチとは

関節リウマチは、全身の関節の滑膜に炎症がおこる病気で多数の関節と、左右同じ部位に時間差で症状が現れます。
初期に発症しやすいのが、手指の第2、第3関節、手首等の小関節で、次第に肩やひざ等の大関節に広がります。原因ははっきりとわかっていませんが、自己免疫異常による物と考えられています。

免疫は体内に侵入した病原体などの異物を攻撃する抗体を作りますが、免疫に異常が生じると、自分を守るはずの抗体が誤って自己組織を攻撃する自己抗体を生産。その攻撃により発生した炎症物質が滑膜はどんどん増殖し骨や軟骨を傷つけ破壊します。そのため関節が腫れて痛みが生じ手を動かしにくくなったりと日常生活に支障をきたします。
進行すると骨や軟骨が溶けて、関節の変形を引き起こします。



発症しやすいのは30〜50代の女性です

女性の発症率は男性の約3倍です。その原因の一つは女性ホルモンです。女性ホルモンは自己抗体の働きを活発にするだけでなく、関節の破壊を進行させる炎症成分を活性化すると考えられています。特に次のようなときに発症しやすくなります。

出産後…

妊娠中は胎児を異物と見なさないように免疫の働きが抑制される。しかし出産後は免疫の抑制が解除され免疫の働きが高まり、自己免疫以上が起こりやすい。

        

閉経前後…

自己免疫反応を高める働きをする女性ホルモン(エストロゲン)分泌の急激な変化が引き金となり、自己免疫異常が起こりやすい。
その他、関節リウマチにかかりやすい体質(遺伝子)がある事がわかっていて、ウイルス感染や喫煙等が発症の引き金になると考えられています。



発症から1年以内で急激に進行します。

関節リウマチの進行はとても早く、発症後は次のように変化します。

半年から1年…

滑膜の炎症が急激に進み関節には腫れやこわばりが発症し、じわじわとした痛みが起こる。さらに微熱や怠惰感、体重の減少といった全体症状も引き起こし、炎症により骨や軟骨に傷が生じる。

 

2年以内…

炎症が慢性化し、骨や軟骨の破壊が進む。筋肉や腱は萎縮、関節の動きが徐々に悪くなる。

  

5年以内…

軟骨が完全になくなり骨と骨が結合(強直)したり、関節が骨から外れる脱臼や、関節と骨にずれが生じる亜脱臼が起きて関節が変形する
関節の強直や変形により関節機能が著しく低下して、日常生活が不便になる。症状を悪化させずに早期に改善する為には1年以内に発見し対処する事が重要です。

 

当店ではリウマチは細胞の免疫力を上げ痛みの原因の一つである炎症を抑える事が大切と考えています。時間はかかりますが、あきらめないで一緒に改善していきましょう。ステロイドや痛み止めを止めることが出来た方も数多くいらっしゃいます!ご気軽にご相談ください。

   

PAGE TOP